ABC東京フォーラム2018 ※定員に達したため、エントリーを締め切りました

TBWA kuribayashi

  「バズるか死ぬか」

~話題化の法則とコンテンツクリエイションの未来~

 TBWA\HAKUHODO

   Buzz Machine

   栗林 和明 氏

2018年2月1日(木) 13時20分~ ※12時50分開場

講演内容

今、もっとも影響力の強いメディア、それは「人」自身。ソーシャルメディアの発展で個人の発信力は飛躍し、時に個人が、マスメディアにさえ成り得ます。情報が個々人によって拡散され、一気に世界へと駆け巡る現象「バズ」は、いかにして生まれるのか?そんな未知の領域を切り開く唯一の武器は、“データ”です。
デジタルがもたらした最大の恩恵である“データ”と、新聞・雑誌・テレビが培ってきたコンテンツクリエイションの力を融合させることで、きっと、コミュニケーションは次のステージに進む。そんな近い未来について、お話しいたします。

講師略歴

栗 林 和 明(くりばやし・かずあき)氏
1987年生まれ。専門は「バズ」。 話題の“量”、“質“、そして“精度”を高めることにより、獲得映像再生数は1億回を突破。担当作品には、縦型スマホジャックMV「RUN and RUN」、日産「Intelligent Parking Chair」「#猫バンバン」、ハーゲンダッツ「ハーゲンハート」、サントリー「忍者女子高生」、AKB48「ハイテンションMV」などがある。日本広告業協会(JAAA)クリエイターオブザイヤー2016メダリスト。2017年には、米国で最も権威ある広告・マーケティング誌のひとつ『Advertising Age』の「40 under 40」(注目すべき40歳未満の40人)に、アジアでただ1人選抜されている。

会場

プレスセンターホール
東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10階

プログラム

  1. 業務報告 13時20分~13時30分
  2. 講  演 13時30分~15時

※受講証は発行しておりません。入場の際にお名刺を受付へお渡しください。

主催

一般社団法人 日本ABC協会
TEL:03-3501-1484

お申込み

※お申込み多数につき、エントリーを締め切りました